こうのとりさん、いらっしゃい

2006年10月結婚→2008年7月4日長男/2010年12月13日次男誕生。二人の男の子の子育て、趣味の手作りグッズについて書いてます

all archives / admin

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--|
  2. スポンサー広告

母乳で育てるということ

コーたんが生まれてからずっと完母で頑張っていますが、
最初から順調に母乳が出ていたわけではありません。
軌道に乗るまでは、本当に大変でしたメソ


生まれてすぐは滲む程度にしか母乳が出なかった私。
吸えども吸えども出ないおっぱいと格闘して疲れるのか、
コーたんもあまり本気を出して吸ってくれませんでした。
ちょっと吸っては寝てしまう…その悪循環でほとんど
出てくれない私のオチチ
それでも、生まれたての赤ちゃんというのはそんなに
お腹が空かないのか、おっぱいが出なくってもそれほど
泣き喚きませんでした。

でも、3日目あたりから激しく泣き始めて…お腹が空いて
たんでしょうね。体重も毎日のように減少し、3日目で
最低体重をマーク。出生時体重の10%が減りました。
助産師Tさんには、翌日の体重がこれ以上減っていたら
ミルクを足さざるを得ない、とりあえずその日は糖水を
多めに足して様子を見るようにとの事。ショック!

母には「お腹が空いて泣いてるんだからミルクを足せば?と
何度と無く呪文のように言われました。「お母さんも母乳が
出なかったんだから、(娘の)アンタもきっと出ないよ」って
決め付けられる度に猛反発。悔しくって躍起になってたっけ。
母としては、空腹で泣いている孫が可哀相だという一心で、
何とか私にミルクを飲ませようと必死でした。当然ですよね。
ただ、私の中では「どうしても完母で」という信念があったんです。
一度でもミルクをあげると、もうおっぱいを飲んでくれなく
なるんじゃないかってすごく不安で…ミルクを足す事だけは
何とか避けたかったキリリ
しかしながら、出ないおっぱいを吸って泣きじゃくるコーたんを
見ていると本当に不憫で。申し訳なくて涙が出ましたえーん

しかし、こんな私のおっぱいが劇的な変化を遂げる事に!
ご興味のある方は続きをどうぞ…

↓参考にさせてもらっているブログが盛りだくさん↓
にほんブログ村 子育てブログ 乳児育児へにほんブログ村 子育てブログ 母乳育児へにほんブログ村 子育てブログ 男の子育児へ

Tさんに母乳に良いとされている食べ物を聞いたところ、
さつまいもやじゃがいも、ごぼう、かぼちゃ、白身魚、
タンポポコーヒー等が良いとの事。わらにもすがる思いで、
母はスーパーに早速買いだし、父は一人でアカチャンホンポへ
向かい、タンポポコーヒーを買ってきてくれました。
私は私で、先輩ママのアドバイスを思い出し、
温かいほうじ茶をガブ飲み。


母がふかしてくれたさつま芋が効いたのか、はたまたタンポポ
コーヒーか、それとも大量のお茶が良かったのかわかりませんが
その日の夜からコーたんがおっぱいを飲む時の音が劇的に
変わったんです。ゴクゴクと音が立つのを初めて聞きました。
これはいけるかもしれない!そう思うと今度は嬉し涙が…。

翌日の体重測定は、ちょっぴり楽しみでした。確かな手応えが
あったので。実際、前日の体重よりも何グラムか増えてたんです!
これには、私もTさんも抱き合って喜びました

それからというもの、体重は順調に増え、2ヶ月を目前に控えた
今となっては5キロを超えてくれました。

母乳の分泌が良くなかった私を支えてくれたのは
「母乳は、根気良く吸わせていれば必ず出るようになる」という
Tさんの言葉です。その言葉を心の中でずっと唱えながら、
母の「ミルク足せば」という誘惑にも耐えました。
おっぱいが出ない自分を責める私に対して、Tさんは
「ちゃんと吸ってくれない赤ちゃんにも責任があるのよ、
あなただけが悪いわけじゃない」と励ましてもくれました。
Tさんがいなかったら、きっと途中でくじけていたでしょう。

勿論、ミルクで育てるのが悪い事だとは思っていません。
今は昔と違ってミルクの質も良いようなので、栄養も母乳と
変わらないみたいですし。今後、外出の時は頼る事もあるかも。
母乳に一番こだわったポイントとしては、この私の不精な
性格から考えてミルクだと消毒なんかが大変そうだなって。
おっぱいならペロンと出せば済みますからね。
あと、ダイエット効果も期待して。

今思い返しても、本当にあの時頑張って良かったなって思います。
そして、せっせと毎日さつまいもをふかしてくれた母、
タンポポコーヒーをすぐに買ってきてくれた父…協力してくれた
家族にも本当に感謝しています。お父さん、お母さん、ありがとう。

いつも参考にしているサイトです。→魔法のおっぱい
母乳の事で何か不安があったら、きっと解消されると思いますヨ♪
スポンサーサイト

テーマ:子育て - ジャンル:結婚・家庭生活

  1. 2008/08/28(木) 21:26|
  2. 育児日記
  3. | cm:8
  4. | tb:0

comment

わたしも、生後10日で娘の「めやに」の事で病院に行った際、
看護婦さんに「赤ちゃん小さいからミルク足した方が良い。」と言われ、
泣きそうになりました。
ただでさえ、毎日手探りでフラフラな状況で一生懸命あげていたのに、
しかもちゃんと出ていたので、余計悲しくなっちゃって。

ただ、その後きちんと計測したら退院時から30ずつ増えているから大丈夫、とお医者さんの方からいわれて、ホッとしました。

今思えば、赤ちゃんの方も吸い方マスターしていなかったんですよね。
根気よく続けて行けばそのうち上手に吸ってくれるようになりました。

母乳はお出かけの時に預けるのが大変ですが(汗)←(以前預けて大変でした。しぼったのが足りなかった。。)
自分とベビとの外出時にはラクチンですよね^^;
  1. 2008/08/29(金) 07:32 |
  2. home |
  3. rimarima
  4. [編集]

読んでいてもみ子も同じだったと思い出して涙が出ちゃいました。
まだ育児を初めて1カ月しか経ってませんが・・・。
産院で授乳指導を受けるまでは完母にこだわっていた訳でもなかったんです。
今も疲れた際はミルクを足してしまう事もあります。
ただ初めて吸ってくれた時に感じた「なんとも言えない幸せ♪」で母乳も頑張らなきゃっという気持ちが芽生えて、全く出ないながらもを根気よく吸わせました。
少しだけ母乳が出た時、母乳マッサージ後「ゴクゴク」喉を鳴らして飲んでくれた時は1人で泣きました。
途中で投げ出さなくって良かったなぁ~と!!
先日の1カ月健診でも完母で大丈夫っと言われたのも嬉しかったです♪
今日からハーブティとさつまいもで更に頑張りまーす!!
  1. 2008/08/29(金) 18:00 |
  2. home |
  3. もみ子
  4. [編集]

rimarimaさんへ

30グラム増えてたなら、全然問題ないですよねー!
その看護婦さん、普段どんな巨大な赤ちゃん見てるんでしょう?
本当に、「ミルクミルク」って気安く言わないでほしいです。
うちの母もそうでしたが、体重増やさないと可哀相っていう考えが
あるんでしょうか。うちの母なんて、赤子だった私にミルク与えすぎて
その当時の写真見ると、可哀相なくらい肥満児です。
これじゃ、どっちが可哀相なのかわかったもんじゃないですよ、まったく。

確かに、母乳だと自分のお出かけ時は楽ですが、預けるのは
大変ですよね。私も、搾乳の練習してみようと思います!
  1. 2008/08/29(金) 22:18 |
  2. home |
  3. スオミン
  4. [編集]

もみ子さんへ

もみ子さんも苦労しましたか!きっと、最初からスムーズに
出るお母さんの方が少ないですよね。母乳育児は根気が勝負、
でも、途中でくじけてしまうお母さんが多いのも事実だそうです。
本当に、私ももみ子さんも、ちゃんと出るようになって良かった!
ゴクゴクっていう音、感動しますよねー☆
赤ちゃんがオチチを飲む姿を見ていると、愛しくてたまらなく
なります。もうすぐ2ヶ月、気持ちに余裕もできたからかな。

さつまいも、本当に効きますよ。牛蒡もオススメです!!
  1. 2008/08/29(金) 22:37 |
  2. home |
  3. スオミン
  4. [編集]

えらいです!

ミルク全くなしってすごいうらやましい話ですね。
でも不安だったでしょう?スオミンさんのがんばりもすばらしいと思います^^
完母、実際に子育てを始めてからやっといいなぁと思うようになりました。それまではどうしても他人事のようで、自分がどうしたいかわからなかったんです(情けない・・)
気付かないうちに、ごぼうやかぼちゃ、じゃがいもは結構食べてました!最近また母乳の出がよくなったのはそのせいかも?いつもいい情報、ありがとうございます♪
今回はコーたんの画像がないのでしょんぼりです。。また次回、楽しみにしてます♪
  1. 2008/08/29(金) 23:35 |
  2. home |
  3. みつばち
  4. [編集]

スオミンさんの頑張りがとても伝わってきました。
他人サマは(親であれ)「ミルクあげてみたら?」って言いますよね…
私も母に言われました。
ベビ用の体重計がなかったので退院後の成長が不安で…
お乳をあげた後でも、みひろが泣いていると
母に「足りていないのかも、ミルクあげてみたら?!」と何度も言われました。
でも私の中で“1ヶ月検診までは…”と思っていの。
私のお乳ね、扁平乳首で赤ちゃんにとっては吸いにくい乳首なの…
だから妊娠中から吸ってくれるか心配で…
妊娠中はマッサージを1日に2回(30分)していたわぁ~。
今では懐かしい(^o^;
みひろ誕生後は、乳トラブル発生(苦笑)で入院中大変でしたぁ~。
乳が熱をもっちゃって&自分も発熱しちゃって(^o^;
カッツンカッツンに張るお乳。痛くてたまらなかったデス。
助産師さんのマッサージが本当に痛くて『この痛みはお産を経験した女性じゃないと耐えられない痛みなのょ』って言ってたわっ(☆。☆)
長々と自分のコト書いちゃってゴメンねー(;^_^A
でもお互いにイイ乳が出るようになって本当に良かったよねっo(^-^)o

P・S そぅそぅ!ミルクってチョット面倒よね(;^_^A
  1. 2008/08/30(土) 22:26 |
  2. home |
  3. maki
  4. [編集]

みつばちさんへ

コーたんの写真、楽しみにして戴きありがとうございます(^0^)

生まれてからの3日間で、体重がみるみる
減っていった時は本当に不安でした。
私の「母乳」へのこだわりが、我が子の健康を
阻害してしまうのではないかというジレンマも
ありました。私が何故そんなに母乳にこだわったのか…
自分でもよくわからないんですが、母乳が出ないと
決めつけてくる母親への意地もあったのかもしれません。
本当に、実際母乳をあげられるようになると
「あー、やっぱりいいなー」って思いますよね。
オチチをあげられるのは母親だけの特権ですから☆

体が欲している物って、自然と食べたくなりますよね。
どうしてなんでしょう?本当にフシギですー。
  1. 2008/08/31(日) 11:13 |
  2. home |
  3. スオミン
  4. [編集]

makiさんへ

makiさんも色々大変だったんですねー!!
ビュンビュン出ているとブログに書いてあったので、
苦労知らずだったのかなと思ってました!
軽い乳腺炎になったんでしょうかね?痛そう…
人それぞれ、違う悩みがあるんだなーって
改めて感じました。母乳に苦労はつきものなんですねー。
周りの「ミルク飲ませたら」攻撃も同じだし(笑)

私は、乳首は至ってノーマルだったので心配してなかったん
ですが、吸いづらそうな乳首だと心配だったでしょうね。
でも、克服するために毎日30分もマッサージしてたなんて、
makiさんエライ!!
可愛い我が子の為なら、どんな努力も惜しまない…
母って本当に強いなーって思います。
  1. 2008/08/31(日) 11:44 |
  2. home |
  3. スオミン
  4. [編集]

post a comment


管理者にだけ表示を許可する

trackback

プロフィール

スオミン

Author:スオミン
二人の男の子を育てながら、手作りグッズ製作に励んでいます。母としてまだまだ半人前ですが、我が子と共に毎日少しずつ成長できたらいいなと思っています。

       

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

☆いらっしゃいませ☆

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。