こうのとりさん、いらっしゃい

2006年10月結婚→2008年7月4日長男/2010年12月13日次男誕生。二人の男の子の子育て、趣味の手作りグッズについて書いてます

all archives / admin

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--|
  2. スポンサー広告

自宅出産レポート

温かいお祝いコメント本当にありがとうございました!

まさかの出産から早11日。体のほうも、ほぼ回復し
育児に奮闘する毎日を送っています。
夜泣きの為にパワーを蓄えようと日中はベビと一緒に
昼寝したりするもので…パソコンに向かう時間が
なかなか作れずブログの更新も一週間ぶりです。

ようやく本調子になってきたので、出産レポートアップします。
かなり長文になりましたが、興味のある方はお付き合い下さい

≪陣痛開始≫
7月3日のブログを更新したのが午後10時半。早めに寝ようと
布団に入り、すぐに眠りに落ちたもののおかしな腹痛で起きる。
時計を見ると午後11時10分。時間を一応頭に入れておく。
トイレに行ってみると相変わらずピンクのオリモノ。
前駆陣痛だろうと再び就寝。しかし、再度腹痛で目が覚める。
時間は11時25分。気休めにトイレへ。親を起こすか迷ったが
とりあえずガマンして寝てみる。しかし、既に痛みで寝られない。
起き上がった時に何かがサーっと流れ出る感覚。ただ事でないと
ようやく気づく。トイレに行くと今までに無い出血!慌てて母親を
起こす。0時半に助産師Tさんに連絡。『これからが長いから、
もう少し様子を見て5分間隔になったら連絡を』
と言われたけれど、
時計を見ると既に2分間隔くらいで陣痛の波が来ている。そして、
息ができないほど痛い。『痛い時はゆっくり息を吐いて』
電話口でアドバイスされても、呼吸も思うようにできず、
息みたくて仕方ない。正直、痛みと不安で泣きそうだった。
私のあまりにも辛そうな様子を案じて、Tさんがとりあえず
来てくれる事に。到着までの40分がすごく長く感じた。
ダンナにも、すぐ家を出るようにと連絡。でも、痛みのため
会話らしい会話にならない。

≪Tさん到着。いよいよお産!≫

午前1時30分、Tさんがようやく到着。今まで生きてきた
人生の中でこの時ほどホッとした事は無い気がする。早速内診。
Tさん『あらー!既に子宮口全開!!もう息んでいいよ!』

((えっ!?本当に???こんなに楽でいいの???))

Tさん『ご主人には連絡した?これは、ご主人、立会い
    間に合わないかもねー』

私  『間に合わなくていいです。もう先に産んじゃいます!』
こんなやりとりをしながら何度か息むも、なかなか降りてこない
チビたん。サポートのFさんも到着し、二人がかりで私の体と
チビたんの様子をうかがっていた。何かがひっかかっていると
しきりに話す二人。息むタイミングに合わせて、恥骨辺りを
ぐりぐりされているのは分かった。
頭も既に子宮口から顔を出していて、生まれそうなのに
なぜか生まれない状態が続く。すぐに生まれると言われてから、
気づけば、間に合わないはずだったダンナも到着し、夜が白々と
明け始め、あっという間に朝の7時を回っていた。サポートに
Iさんが加わり3人体制でお産の介助。お腹を触ってみたら、
いつもと何ら変わらない位置にチビたんのお尻がある。
全然下がってきていない…こんなに頑張って息んでるのに。
そう考えると、もう産むのは無理なんじゃないかという気に
なって、いっそ帝王切開した方が楽なんじゃないかという
思いまで脳裏をよぎった。
『どうして全然下がってきてくれないのー』と泣き言を
言っていると、『ゆっくりでいいから。焦らないでいいから』
うちわで扇ぎながらダンナが声をかけてくれた。
少し気持ちが落着いた気がする。

時間が経つに連れて陣痛はどんどん弱まり、息むのが難しく
なってきた。色々と体位も変えてみた。仰向け、四つんばい、
横向き、立てひざ…どれも今一歩というところで上手く陣痛の
波を捉えられなかった。トイレでも息んだけれど、これもダメ。
お灸を据えてくれたり、ホメオパシーを使ったり、Tさんがあの手
この手で陣痛を呼ぶけれどなかなか良い波がやってこない。
そんな状態で2時間、3時間と経ち、気がつけば昼の12時を
回っていた。破水、子宮口全開から12時間。
あまりお産が進まない状況を見て、ここで一つの選択を迫られる。
①病院へ移って促進剤を使う。場合によっては吸引分娩もあり得る
②アトニン(子宮収縮剤)を使用して、このまま自宅でお産を進める
(嘱託医の許可を得れば自宅で促進剤を使用する事が可能)
赤ちゃんが危機的状況なら有無を言わさず病院に搬送という
事になったんだろうけれど、幸い赤ちゃんが元気だったので
まだ自宅で産むという選択肢も残されていた。この選択は本当に
迷った。病院へ行くのは簡単だろうけど、ここまでせっかく
頑張ったのに全て無駄になってしまう。けど、このまま自宅で
お産を続けても、無事に生まれてくれる保証も無い…
両親は病院へ行く事を勧めたけれど、助産師さん達は自宅で
産む事に賛成してくれたので、私は助産師さん達を信じる事にした。

最後は壁に手をついて立位からスクワットのポーズ。
私が息むのに合わせて、その場にいる人全員が固唾をのむ。
『赤ちゃんが自分で降りてくる気無いから、お母さんがこっちに
連れてきてあげないと産まれてこないよ』
とFさんが気合を入れる。
((そうだ、私が頑張らなきゃ!チビたん、今出してあげるからね!))
お尻の辺りが圧迫されて、何かが挟まっているような感覚になる。
『何か挟まってるみたいで気持ち悪い…』そう言うと、
『赤ちゃんだよ!もう見えてきてるよ!もう一息だから頑張って』
皆が声を揃えておしえてくれる。
促進剤を点滴してから20分、ようやく頭の半分まで出た。
そこで四つんばいの姿勢に。お腹の下から覗き込むと、
自分でも赤ちゃんの顔を確認することができた。肺を圧迫されて
羊水を鼻から上手に吐き出す赤ちゃん。もう殆ど顔が見えて
いるのに、頭が大きくてなかなか生まれてこない。
最後にもう一度息むように言われて、渾身のふんばり!
次の瞬間、股のあたりがスッと軽くなり皆が喜びの声を上げる。
最後は、ダンナが赤ちゃんを取り上げてくれた。
涙を流して喜んでくれた助産師さん達。気づけばダンナも
涙を拭っていたように見えた。私以上に、皆も不安だったに
違いない。私だけは、あまりの興奮と疲れで泣くのも忘れていた。
生まれてすぐ自発呼吸が上手くできず、酸素を送られたり
鼻から羊水を吸われるチビたんを見て不安になったけれど、
しばらくして元気な産声を聞かせてくれたときは本当に
ホッとした。触れ合った肌から命の温もりがしっかり伝わって
きたカンガルーケア。まだまだ弱々しいけれど、しっかりと
生きようとする健気な我が子を見て、私が守らなきゃと
急に母性が芽生えた。安堵の気持ちと誕生の喜びで、
何とも言えない幸せな時間が流れる。
無事に生まれてくれてありがとう!心からそう思った。

今回、こんなにお産が長引いた要因として考えられるのが
①微弱陣痛 ②回旋異常 ③胎児の頭が大きかった
(頭囲35センチは3800~4000g級の胎児の平均値)
果たして、何が原因だったのか今となっては分からずじまい
だけれど、恐らく、病院ならちょっとお産が長引いた時点で
何かしら原因を特定して医療を用いたお産になったと思う。
ゆっくり、母と子のペースを大事にするのが自宅出産の長所。
ちょっぴり大変な思いはしたけれど、私は自宅出産を選んだ事を
後悔していない。“自分の力で産んだ”という達成感は、
想像以上に大きな感動を与えてくれたから。

**************************

自宅出産を終えて、今はサポートに当たってくれた3人の方への
感謝の気持ちでいっぱいです。骨盤の痛みも最高潮になっていた
私の腰をずっとさすり続けてくれたIさん、異常を感じながらも
不安な表情一つ見せず元気な声で『大丈夫』と励まし続けてくれた
Fさん、ありとあらゆる方法でお産をリードし、最後まで自宅出産の
道を閉ざさずにいてくれたTさん、3人がいたから私は頑張れた
気がします。皆で力を合わせて産んだ我が子を、これから大切に
育てていきたい、心からそう思っています。

私はこんなお産になりましたが、皆さんはどんな出産になるんで
しょうね?例えそれがものすごく大変なお産だったとしても、
きっと一生忘れられない素敵な思い出になる事と思います。
ツライのは一瞬、その後に待ってる赤ちゃんとの楽しい生活を
想像して頑張って下さいね!皆さんの幸せなお産を祈ってます
スポンサーサイト

テーマ:妊娠・出産 - ジャンル:結婚・家庭生活

  1. 2008/07/15(火) 16:30|
  2. 妊娠後期
  3. | cm:10
  4. | tb:0

comment

改めて

ご出産おめでとうございます♪
出産レポート、じっくり拝見させていただきました。
子宮口全開からベビちゃんに会えるまで、本当に長い時間だったんですね。
私は病院でのお産になりますが、スオミンさんの自宅出産の体験を読み、
改めて気持ちを引き締めました。
お忙しいかと思いますが、これからもいろいろ教えてくださいね。
  1. 2008/07/15(火) 21:58 |
  2. home |
  3. はな
  4. [編集]

こんばんは。

涙流して鼻水すすりながら読んだョ(>_<)
まるで小説を読んでいるよぅだった。
とっても壮絶なお産だったんだね…
でもコチラまで感動して涙が出るほど素晴らしいベビちゃんとのご対面。
最後は旦那サマが取り上げてくれたなんて(ウルウル涙)

改めて本当に本当におめでとぅ!!
みんなの力と強い思いでこの世に誕生してきたベビちゃん。
パパママと幸せな時をいっぱぃいっぱぃ過ごしていってねっ\(^O^)/
  1. 2008/07/15(火) 23:39 |
  2. home |
  3. maki
  4. [編集]

☆こんばんは☆

改めてご出産おめでとうv-352
色々な人に支えられての素敵なお産だったのですね。
もう涙と鼻をすすりながら出産レポ読ませていただきました。
もう本当に感動です。
最後は旦那様が取り上げたと読むと又涙がv-406
もみ子も予定日まで14日を切り不安でたまりませんが、スオミンさんに勇気をもらえて気がします。
頑張って可愛いベビちゃんに会いたいです!

今度は可愛いベビちゃんとの育児ブログ楽しみにしています。
  1. 2008/07/16(水) 02:09 |
  2. home |
  3. もみ子
  4. [編集]

今、このタイミングでスオミンさんのレポートが
読めて良かった!!
本当におめでとうございます!!!
・・・号泣してしまいました。

予定日が迫って不安で不安で心配で心配で。
些細なことで一喜一憂、イライラしたりドキドキ
したり。
ホント、ここ数日は気持ちの波が揺れて揺れて
大変でした。
でも、こうやって、母と子のタイミングで、それぞれ
のお産があって、っていうのを知れて、ホントに
心から安心しました。

私、頑張れそうです!ありがとう!
  1. 2008/07/16(水) 09:01 |
  2. home |
  3. トモコ
  4. [編集]

お久しぶりです(^.^)

出産おめでとうございます(^o^)/
かなり大変な出産でしたね(*_*)でも無事に元気な赤ちゃんが産まれてきてくれて本当よかったです!
私は予定日を過ぎてしまいましたが7月9日に2852gの元気な女の子を出産しました。赤ちゃんが無事産声をあげて出てきてくれた時は本当感動しました。今は母子共に元気で実家でゆったりと毎日を過ごしています。
出産前は不安でいっぱいでしたがお互い無事に元気な赤ちゃんを出産できて本当よかったですね(^o^)これからは赤ちゃんの日々の変化を情報交換できたらいいなと思っています。
宜しくお願いします(^o^)/
  1. 2008/07/16(水) 16:43 |
  2. home |
  3. ポコちゃん
  4. [編集]

はなさんへ

子宮口全開からが本当に長くて、ずっと息みっぱなしのお産は
本当に体力的にキツかったですi-238息み逃しをするのと
どっちがキツいのかは分かりませんがi-201
私のようなケースは本当に稀だと思うので、あまり緊張せずに
お産に臨んでくださいねi-236
  1. 2008/07/17(木) 14:36 |
  2. home |
  3. スオミン
  4. [編集]

makiさん、もみ子さん、トモコさん

私の出産レポートで感動していただけたというコメントに、
私まで涙がこぼれました。これからお産を迎えられる皆さんの
心に響いたこと…本当に、これ以上嬉しいことはありません。

お産は、それぞれの妊婦さんと赤ちゃんが主役の感動のドラマ。
きっと皆さんも素晴らしい一瞬を体験される事と思います。

makiさん、ベビちゃんとの対面は本当に感動的ですよ。
最後はmakiさんがベビちゃんを取り上げるんですか??もし可能なら
ご主人に取り上げてもらうの、本当にオススメです。!!

もみ子さん、お産は不安でたまらないと思いますが、皆が絶対に
助けてくれるから大丈夫!何も怖い事は無いですよi-236
皆で力を合わせて、赤ちゃんをこの世界に連れてきてあげてくださいね♪

トモコさん、レポートがトモコさんのお産に間に合って本当に良かった!
少しでも励みになれば嬉しいです。お産に対して不安は尽きないと
思いますが、ご自分のペースを大切にして、ベビちゃんと二人三脚で
お産を乗り切って下さいね☆
  1. 2008/07/17(木) 15:03 |
  2. home |
  3. スオミン
  4. [編集]

ポコちゃんさんへ

お久しぶりです!無事女の子を出産されていたとの事で
本当におめでとうございます!!2852gですか…やっぱり
女の子は小柄なんですねーi-237うちは3050gでしたが
何しろ頭は4000g級だったので出すのが本当にキツかったです。
何はともあれ、本当に、お互い無事出産を終えられて良かったですね☆
今後とも宜しくお願いしますi-236
  1. 2008/07/17(木) 15:09 |
  2. home |
  3. スオミン
  4. [編集]

ご出産おめでとうございますっ!!!
ドキドキしながら読ませて頂きました。子宮全開から時間がかかったんですね。わたしも自分の時をおもいだして、ドキドキしてしまいました。ちなみにわたしは子宮全開後は叫びっぱなしでした~(汗)

旦那様が赤ちゃん取り上げてくれたなんて、涙です~。感動しました。
今は赤ちゃんのお世話で大変な時ですよね。お互いがんばりましょうね~っ。
  1. 2008/07/18(金) 10:56 |
  2. home |
  3. rimarima
  4. [編集]

rimarimaさんへ

最後はダンナに取り上げてもらって本当に良かったと思ってますi-236
ダンナも、お産に直接関われた事で父の自覚が芽生えたようですしi-234

赤ちゃんのお世話って想像していた以上に大変ですねーi-201
2週間経って、ようやくリズムは掴めてきましたが、時々、
どうして泣いてるのかわからずに放心状態になってしてしまったりi-229
お腹にいてくれた頃の事が懐かしいです~。
  1. 2008/07/18(金) 22:26 |
  2. home |
  3. スオミン
  4. [編集]

post a comment


管理者にだけ表示を許可する

trackback

プロフィール

スオミン

Author:スオミン
二人の男の子を育てながら、手作りグッズ製作に励んでいます。母としてまだまだ半人前ですが、我が子と共に毎日少しずつ成長できたらいいなと思っています。

       

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

☆いらっしゃいませ☆

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。